サッポロ 北海道

ビール主原料の大麦。麦を調べたら、大麦の大は大小の意味ではなく、本物や品質の良いものを意味するようです。ちなみに、小麦の小は代用品や品質の劣るものの意味だとか。

小麦はパンや麺類など、世界的に重要穀物の一つなので、ちょっと意外です。

日本では稲作が主流で、製粉せずにそのまま食べられるため、製粉技術が未発達でした。
まあ必要なかったので、発達するはずもありません。

そのまま食べられる米に似た大麦と、硬くて食べにくい小麦。当時の社会の中で、当然のランク付けだったのでしょう。
大小と言われるほどの違いもなく、疑問に思っていましたが納得しました。ただし、あくまでも当時(古の時代)の評価で、日本でも生産需要ともに逆転しています。

また、多湿な気候のため麦の栽培には不向きな日本で、比較的栽培の容易な大麦が稲作の合間に栽培されてきました。

麦飯以外にも、ビールやウイスキー、麦焼酎などの酒類や、味噌、水飴など多様に利用されています。
ただし、独特の香りの麦飯は、米と比べると評判は良くありません。健康志向で見直されてはいますが、かつて「貧乏人は麦を食え」や「臭い飯」などと言われてきました。

全国で栽培される大麦の生産上位は、佐賀県や栃木県、福岡県など。北海道が一位かと思ったら、意外でした。栃木県は、冬場の乾燥した気候のため、栽培に適しているようです。佐賀県や福岡県が多いのは、麦焼酎の生産で需要が多いからでしょうか。

北の大地、北海道で作られた「奇跡の麦 きたのほし」。
長年の研究により発見した、ビールの芳香劣化の要因となる酵素を持たない麦。これを基に作り上げた、奇跡の麦だそうです。

最近のサッポロは、完璧な生、神レモン、奇跡の麦など、行き着くところまで行っちゃった感じがします。

・サッポロ 北海道

P202006281.jpg


ビールの芳香など気にもしなかったので、奇跡の麦の有難みはよく分かりませんが、サッポロの得意とする昔ながらの濃いビールです。流行りのスッキリした軽やかな飲み口とは違い、ちょっと重たい感じがします。

小麦以上に自給率の悪い大麦。各社の主力ビールは、大量生産のため殆どを外国産に頼っています。その少ない国産麦芽(きたのほし)を使った、サッポロ自慢の生ビール。

P202006282.jpg

品名 ビール
商品名 サッポロ 北海道  奇跡の麦 きたのほし
アルコール分 5%
内容量 350ml
栄養成分(100ml) エネルギー 41kcal、たんぱく質 0.5g、脂質 0g、炭水化物 2.9g (糖質 2.8g、食物繊維 0~0.2g)、食塩相当量 0g
製造者 サッポロビール株式会社
価格(税抜き) 350ml:173円
500ml:235円
備考 限定醸造
スポンサーサイト



アサヒ 果実の瞬間 アンデスメロン

メロン味と言えば、イチゴ味やレモン味とともに、子供の頃から親しんだ味。かき氷に使われる、果実とは無縁のただ甘いだけのシロップを思い出します。真っ赤なイチゴも嘘っぽいけど、メロンのあの緑も相当です。

私たちは、小さいときから赤・緑・黄を目に焼き付けています。と言っても、一般的な三原色とは組み合わせが違います。

・色の三原色
赤、青、黄色、この三色と明暗のために白と黒があれば、すべての色が作れる基本の色。
初めて絵の具を使った子供の頃、綺麗な絵の具を見ながら、全色混ぜたらもっと綺麗な色になりそうだと、一度は混ぜてみます。
悪いことをした時のようにドキドキしていると、そこに現れるのは何か汚い色でがっかりです。こうして子供の頃から、綺麗なものへの探求心が徐々に深まっていきます。
これが後々の修羅場の遠因になるなど、予想だにしません。

・光の三原色
赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)、の頭文字をとったRGBカラーコード。
ホームページやブログなどで、色指定するときにお馴染みのRGB。
それぞれの原色の要素を0~255(16進で00~FF)で指定し、三色の要素が最大(FF,FF,FF)なら白に、最小(0,0,0)なら黒になります。

なぜ、信号機は赤青黄色と言いながら、赤緑黄色を使っているのでしょう。
きっと緑の方が発色も良く、認識しやすいのでしょう。ただし、赤緑黄色と表現すると、長い間に培われた色の三原色の感覚が、損なわれるからかも知れません。
なにより、「てんとう虫のサンバ」が歌いにくくなります。

今回は、アンデスメロンを使ったチューハイ。
・アサヒ 果実の瞬間 アンデスメロン

P202006221.jpg

缶に朝顔のような花が、描かれています。一瞬、メロンはヒルガオ科だったのかと納得しかけました。いやいや、メロンはウリ科だったはず。

そして、ユウガオがウリ科だったのを思い出しました。ユウガオの実を剥いて干したものがかんぴょう(干瓢)。ちなみに、ヒルガオ科の仲間で夜咲くのはヨルガオです。

朝顔は、風鈴と同じで夏をイメージしたデザインですね。

果汁0.5%なのに、しっかりとメロンの味と甘い香りがします。
シロップのような味ではないけれど、飲兵衛には持て余しそうな甘さ。ただし、この甘さが無ければ青臭い野菜系のチューハイになりそうです。
かすかな青臭さを感じながら、以前飲んだスイカチューハイの悪夢が脳裏をよぎります。

品名 リキュール(発泡性)①
商品名 アサヒ 果実の瞬間 アンデスメロン チューハイ
アルコール分 4%
内容量 350ml
栄養成分(100ml) エネルギー 63kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 9.9g(糖質 9.9g、食物繊維 0~0.2g)、食塩相当量 0.02g
販売者 アサヒビール株式会社
価格(税抜き) 93円
備考 夏限定
茨城産果汁使用/果汁0.5%



P202006222.jpg

サッポロ レモン・ザ・リッチ 神レモン

サッポロのチューハイの中では一押しの商品、「レモン・ザ・リッチ」。
クセの無いウォッカと、相性の良いレモンを使った、レモンに特化したシリーズです。

P202006155.jpg

・レモン・ザ・リッチ 神レモン
P202006152.jpg

サッポロのサイトより
本商品は“レモンを搾った瞬間のようなおいしさ”が味わえる、レモンの3つのいいところ(オイル・果皮・パルプ分)を選りすぐった「理想の贅沢果汁」を使用しています。
その贅沢果汁に、さらにレモンのペーストと果皮エキスをブレンドした「神レモン製法」で、レモン・ザ・リッチ史上最も濃い味を実現しました。濃厚な果汁感と、アルコール7%の飲みごたえをお楽しみいただけます。

まさか、神を使ってくるとは思いませんでしたが、どうしても名乗りたくなる自信作なのでしょう。

P202006153.jpg

さすが神を名乗るだけあって、アルコール分7%とこのシリーズ最強。 果汁とレモンペースト、果皮エキスを使った、濃いレモンの味わいです。

まあ、名前はどうあれ、美味しいレモンサワーに仕上がっています。

これより自信作が出来たら、どうするのでしょう。 神を超えた、スーパーサイヤレモン?

あ、こんなところにも神が。
P202006154.jpg
多用すると、有難みが無くなってきます。

品名 リキュール(発泡性)①
商品名 サッポロ レモン・ザ・リッチ 神レモン
アルコール分 7%
内容量 350ml
栄養成分(100ml) エネルギー 70kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 7.8g (糖質 7.8g、食物繊維 0~0.1g)、食塩相当量 0.09g
販売者 サッポロビール株式会社
価格(税抜き) 103円
備考 限定
特濃レモンサワー /果汁3%

I.W.ハーパー プレジデントリザーブ

中世ヨーロッパ、特にフランスを支配したブルボン王朝。
このブルボンの名に由来する、ケンタッキー州ブルボン(英語読みでバーボン)。

この地でトウモロコシを原料に作られたアメリカンウイスキーが、のちにバーボンウイスキーやコーンウイスキーと呼ばれるようになりました。
現在では、発祥の地ケンタッキー州を中心に生産されています。

さて、バーボンはトウモロコシ特有の甘味と香りで、スコッチに比べ飲みやすいウイスキーです。
中でもI.W.ハーパーと言えば、日本でも人気の銘柄。 博覧会で受賞した金賞「ゴールドメダル」をラベルにあしらい、品質の証明としてデザインされています。

そのI.W.ハーパーから1989年に発売された、ノンエイジタイプの「プレジデントリザーブ」。

押入れをゴソゴソしてたら、すっかり忘れていたウイスキーが出てきました。12年物のデキャンタボトルかと思ってたら、違うものが出てきてビックリです。

P202006121(1).jpg
バーボンで高級路線は支持されなかったようで、2000年頃に終売となり、今では古酒業者かオークションでしか手に入りません。
何かあったら、お祝いに開けようと思います。

・I.W.ハーパー プレジデントリザーブ
品名 バーボンウイスキー
商品名 I.W.ハーパー プレジデントリザーブ
アルコール分 43%
内容量 750ml
製造者 ルイヴィル蒸留所
生産国 アメリカ
備考 販売終了



これでお終いでは寂しいので、代表的なバーボン「ジム・ビーム」。

米国のビーム社が製造販売した、ジム・ビーム。2014年にサントリーが160億ドルの巨費を投じて、傘下に収めました。
そしてビームサントリーと社名変更し、全世界のスピリッツ事業を統括しています。統合以降ジム・ビームは、バーボンの販売数量で世界一になっています。

・「JIM BEAM ハイボール」

P202006122.jpg
世の中、ハイボールが人気のようです。
伝統的なウイスキーへの憧れや、ハイボールの名前の響きなのでしょうか。チューハイのように変な甘さがなく、ビールのように苦味が無いので、広く受け入れられたのかも知れません。
ただ、身近でハイボールを飲む人が居ないので、本当に人気なのか分かりません。

このハイボール人気と、ウイスキー低迷期の減産により、原酒不足が深刻になっています。 さらに国産ウイスキーの海外での人気もあり、メーカーでは一部製品の販売中止などで対応しています。

さて、「JIM BEAM ハイボール」は、バーボンを使っているせいかウイスキー臭さが全くなく、アルコール分5%とかなり飲みやすい製品です。
ウイスキーのスモーキーな香りが好きな人には、もの足りないかも。

・サントリー JIM BEAM ジムビーム ハイボール
品名 リキュール(発泡性)①
商品名 サントリー JIM BEAM ジムビーム ハイボール
アルコール分 5%
内容量 350ml
栄養成分
(100ml)
エネルギー 37kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 2.1 (糖類 0~1g)g、食塩相当量 0~0.03g /プリン体 0mg
製造者 サントリースピリッツ株式会社
価格(税抜き) 128円
備考 プリン体:100ml当たり0.5mg未満

サッポロ 麦とホップ ザ・ホップ

サッポロの新ジャンル「麦とホップ」。新ジャンルの主力ブランドで、季節ごとに限定品も作られる品揃えの豊富な商品です。

P202006091.jpg

この季節の限定品「ザ・ホップ」を加え、3色揃って信号機のようです。

サッポロのサイトより
今だけの、香る麦とホップ。爽やかにホップの香りを楽しむ麦とホップが限定で登場。最高級ファインアロマホップ、ザーツを一部使用。さらに通常の麦とホップよりも、ホップの投入回数を増やすことで豊かな香りを贅沢に引き出しながらも、さわやかな味を実現。
初夏にぴったりの特別な麦とホップをお楽しみください。

P202006092.jpg

汗ばむ程の陽気で、正にビールの季節到来。
この季節には、各社から夏向けの爽快感のある商品が投入されます。乾いた喉を潤す、ゴクゴク飲むタイプです。

「ザ・ホップ」は、爽やかな香りのファインアロマホップを使用し、通常よりホップを効かせた製法により、やや強めのホップの香りがします。これを、爽やかな香りと感じるかは意見の分かれるところ。

また、ホップが効いた飲み口は、若干苦めです。

期待した飲み口ではないけれど、クセの無い似たような製品の多い中、他との違いが良く出ています。さすが、ビール作りには定評のあるサッポロです。ビールじゃないけど。

品名 リキュール(発泡性)①
商品名 サッポロ 麦とホップ ザ・ホップ
アルコール分 5%
内容量 350ml
栄養成分(100ml) エネルギー 44kcal、たんぱく質 0.4g、脂質 0g、炭水化物 3.4 (糖質 3.3g、食物繊維 0~0.2g)、食塩相当量 0~0.02g
製造者 サッポロビール株式会社
価格(税抜き) 350ml:99円
500ml:139円
備考 限定製造

・フリトレー ドラゴンポテト うましお味

P202006093.jpg
不思議な形の「ドラゴンポテト」、今回はうましお味。サクサクした食感と、あまり食べたことのない塩味です。
袋のあちこちに、旨いというフレーズが書かれています。そうとう、旨さに自信が有るのでしょう。確かに肉の旨味を感じさせ、控えめな塩味とのバランスも良いです。

この旨味の正体は、原材料に書かれているチキンエキス、ポーク調味料、たん白加水分解物のアミノ酸辺りでしょうか。
何か、添加物まみれのイメージなので、見なかったことにして旨味だけを味わいます。

品名 スナック菓子
商品名 フリトレー ドラゴンポテト うましお味
内容量 48g
栄養成分(1袋:48g) エネルギー 273kcal、たんぱく質 1.5g、脂質 17.9g(飽和脂肪酸 7.9g)、炭水化物 26.4g(糖類 0.6g)、食塩相当量 0.9g
製造者 ジャパン フリトレー株式会社
価格(税抜き) 75円



P202006094.jpg

プロフィール

amityz

Author:amityz
コンビニの商品開発力は素晴らしいが、一人勝ちは将来的に不安でもある。
と言うことで、食品スーパーを応援しています。特に「オーケー/OKストア」のファンです。

注目度の増す中食と家飲みをメインに、日々消費している食品類をアレコレ載せています。
購入は、特に記載のない限りオーケーストアで、価格は通常価格(非会員価格)を記載しています。

フリーエリア

アクセスカウンターのタグ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR