アサヒ 果実の瞬間 アンデスメロン

メロン味と言えば、イチゴ味やレモン味とともに、子供の頃から親しんだ味。かき氷に使われる、果実とは無縁のただ甘いだけのシロップを思い出します。真っ赤なイチゴも嘘っぽいけど、メロンのあの緑も相当です。

私たちは、小さいときから赤・緑・黄を目に焼き付けています。と言っても、一般的な三原色とは組み合わせが違います。

・色の三原色
赤、青、黄色、この三色と明暗のために白と黒があれば、すべての色が作れる基本の色。
初めて絵の具を使った子供の頃、綺麗な絵の具を見ながら、全色混ぜたらもっと綺麗な色になりそうだと、一度は混ぜてみます。
悪いことをした時のようにドキドキしていると、そこに現れるのは何か汚い色でがっかりです。こうして子供の頃から、綺麗なものへの探求心が徐々に深まっていきます。
これが後々の修羅場の遠因になるなど、予想だにしません。

・光の三原色
赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)、の頭文字をとったRGBカラーコード。
ホームページやブログなどで、色指定するときにお馴染みのRGB。
それぞれの原色の要素を0~255(16進で00~FF)で指定し、三色の要素が最大(FF,FF,FF)なら白に、最小(0,0,0)なら黒になります。

なぜ、信号機は赤青黄色と言いながら、赤緑黄色を使っているのでしょう。
きっと緑の方が発色も良く、認識しやすいのでしょう。ただし、赤緑黄色と表現すると、長い間に培われた色の三原色の感覚が、損なわれるからかも知れません。
なにより、「てんとう虫のサンバ」が歌いにくくなります。

今回は、アンデスメロンを使ったチューハイ。
・アサヒ 果実の瞬間 アンデスメロン

P202006221.jpg

缶に朝顔のような花が、描かれています。一瞬、メロンはヒルガオ科だったのかと納得しかけました。いやいや、メロンはウリ科だったはず。

そして、ユウガオがウリ科だったのを思い出しました。ユウガオの実を剥いて干したものがかんぴょう(干瓢)。ちなみに、ヒルガオ科の仲間で夜咲くのはヨルガオです。

朝顔は、風鈴と同じで夏をイメージしたデザインですね。

果汁0.5%なのに、しっかりとメロンの味と甘い香りがします。
シロップのような味ではないけれど、飲兵衛には持て余しそうな甘さ。ただし、この甘さが無ければ青臭い野菜系のチューハイになりそうです。
かすかな青臭さを感じながら、以前飲んだスイカチューハイの悪夢が脳裏をよぎります。

品名 リキュール(発泡性)①
商品名 アサヒ 果実の瞬間 アンデスメロン チューハイ
アルコール分 4%
内容量 350ml
栄養成分(100ml) エネルギー 63kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 9.9g(糖質 9.9g、食物繊維 0~0.2g)、食塩相当量 0.02g
販売者 アサヒビール株式会社
価格(税抜き) 93円
備考 夏限定
茨城産果汁使用/果汁0.5%



P202006222.jpg
スポンサーサイト



サッポロ レモン・ザ・リッチ 神レモン

サッポロのチューハイの中では一押しの商品、「レモン・ザ・リッチ」。
クセの無いウォッカと、相性の良いレモンを使った、レモンに特化したシリーズです。

P202006155.jpg

・レモン・ザ・リッチ 神レモン
P202006152.jpg

サッポロのサイトより
本商品は“レモンを搾った瞬間のようなおいしさ”が味わえる、レモンの3つのいいところ(オイル・果皮・パルプ分)を選りすぐった「理想の贅沢果汁」を使用しています。
その贅沢果汁に、さらにレモンのペーストと果皮エキスをブレンドした「神レモン製法」で、レモン・ザ・リッチ史上最も濃い味を実現しました。濃厚な果汁感と、アルコール7%の飲みごたえをお楽しみいただけます。

まさか、神を使ってくるとは思いませんでしたが、どうしても名乗りたくなる自信作なのでしょう。

P202006153.jpg

さすが神を名乗るだけあって、アルコール分7%とこのシリーズ最強。 果汁とレモンペースト、果皮エキスを使った、濃いレモンの味わいです。

まあ、名前はどうあれ、美味しいレモンサワーに仕上がっています。

これより自信作が出来たら、どうするのでしょう。 神を超えた、スーパーサイヤレモン?

あ、こんなところにも神が。
P202006154.jpg
多用すると、有難みが無くなってきます。

品名 リキュール(発泡性)①
商品名 サッポロ レモン・ザ・リッチ 神レモン
アルコール分 7%
内容量 350ml
栄養成分(100ml) エネルギー 70kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 7.8g (糖質 7.8g、食物繊維 0~0.1g)、食塩相当量 0.09g
販売者 サッポロビール株式会社
価格(税抜き) 103円
備考 限定
特濃レモンサワー /果汁3%

キリン コーラサワー

全世界で販売される清涼飲料水の中で、特に炭酸飲料では圧倒的なシェアのコーラ。

元々は薬効が有ると喧伝された、怪しげな民間医療薬が始まり。19世紀のアメリカで、コカコーラの元となる飲料品が発明され、禁酒法時代の爆発的な売り上げにより今日の基礎を築いたと言われています。

炭酸水に砂糖を混ぜ、カラメルで色を付ければ簡単に作れるので、全世界で類似品が作られています。
日本でもコカコーラが売れたことにより、様々な会社が製造し、そして消えました。
いまでも、クラフトコーラの製造は盛んにおこなわれています。

コカコーラのレシピが金庫に厳重に保管され、一部の上級役員にしか見られないのは有名な話。
ただし、現在の技術を使えば簡単に成分分析は可能なわけで、レシピの内容よりその秘匿性の文化の方が重要とも言えます。

P202006051.jpg

ウオッカをコーラで割ったカクテルを、ルシアンコークと言います。それと似たレシピの、コーラサワー。

ストロング系のチューハイは、甘味料を使った人工的な甘さがネックで、どうしても不自然な甘さと敬遠されてしまう。その点、コーラはそもそもこんな甘さなので、コーラが飲めるなら気にもならない。

と言うことで、ストロング系にはレモン味と同じくらい、コーラ味がしっくりします。
まあ、美味しいというわけでもないけど。

P202006052.jpg

品名 スピリッツ(発泡性)①
商品名 キリン ザ・ストロング コーラサワー
アルコール分 9%
内容量 350ml
栄養成分(100ml) エネルギー 53kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 0.1~0.9g (糖類 0g)、食塩相当量 0.05~0.09g /プリン体 0mg
製造者 麒麟麦酒 株式会社
価格(税抜き) 95円

サントリー ストロングゼロ から揚げ専用

酒と料理の相性の良い組み合わせをペアリングと言い、ここ数年の流行りです。

市販の酒類にも、サバ料理に合う日本酒「サバデシュ」や、グリコいちごポッキーに合うチューハイなどの商品も有ります。
サントリーからは、から揚げ専用の塩レモンチューハイです。
P202005281.jpg

受け狙いの、面白い商品にしか思えませんが、ひょっとしたらという気もします。

あん肝専用とか、カラスミ専用では営業的には有り得ない。その点、唐揚げと塩レモンの組み合わせなら、テッパン。合う合わない関係なしに売れそうです。

レモンサワーに限らず、少量多品種の流れの中で、変な商品が増えてきました。数多い中から、手に取ってもらうための仕掛けが必要なのでしょう。
まあ辛口の塩レモンなら、そうそうハズレは無いと思います。

エキス分の体積比が2%以上はリキュールだと思っていたら、スピリッツとなっています。と言っても、どっちでも酒税は同じようです。

品名 スピリッツ(発泡性)①
商品名 サントリー -196℃ ストロングゼロ から揚げ専用 塩レモン
アルコール分 9%
内容量 350ml
栄養成分(100ml) エネルギー 54kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 0.4~0.9g (糖類 0g)、食塩相当量 0.08~0.16g /プリン体 0mg
製造者 サントリースピリッツ株式会社
価格(税抜き) 93円
備考 期間限定
レモン果汁2%

・国産鶏もも醤油唐揚げ

P202005282.jpg

と言うことで、適当に見繕ってチューハイとの相性を見ることに。
本当は、ガーリックやスパイスの効いたタイプが好きなんだけど、この醤油味も悪くない。
醤油の旨味と、ジューシーな鶏もも肉がよく合います。

気のせいか、いつもの唐揚げより美味しく感じました。もしかして、このチューハイの不思議な力なのかも。

P202005283.jpg

商品名 OK 国産鶏もも醤油唐揚げ
内容量 170g
栄養成分(100g) 熱量 344kcal、蛋白質 15.2g、脂質 24.4g、炭水化物 13.8g、食塩相当量 1.4g
製造者 オーケー株式会社 サガン店
価格(税抜き) 321円 単価:189円/100g
備考 超特選濃口醤油

アサヒ 贅沢搾り ライチ

中国原産の果実ライチ(レイシの実)。楊貴妃が好んだ果実として有名です。

旬は、この時期から7月くらいまで。僅かな国産品も有るようですが、殆どを輸入に頼っています。生産量は、一位が中国で、二位が台湾。

以前、中国産のライチから、基準値を超える残留農薬やら薬物が検出されたとかで、安全性が懸念されています。そういうこともあり、台湾産が人気です。

今のように他国との物流が滞っている状況では、人気がどうのとも言ってられないけど、危険を冒してまで食べたいとも思いません。
P202005231(1).jpg
「キリン 本搾り」と同じように、果実感を売りにする「アサヒ 贅沢搾り」。
ライチの価格のせいでしょうか。他の製品と比べて、果汁8%と若干使用量が少ない感じです。

残念ながら、生のライチを食べた記憶が曖昧です。食べたかも知れないけど、他の果物のようにハッキリとしたイメージが浮かびません。

飲料品ならたまに飲みますが、ジュースではないのでライチ本来の味かどうかは不明です。まるごと2個分らしいので、本当にこの味なんだろうけど、糖分・酸味料・香料なども一通り入っています。

甘すぎず、爽やかな酸味で美味しく感じます。もしかしたら、本物より美味しいのかも知れません。

P202005232(1).jpg


品名 リキュール(発泡性)①
商品名 アサヒ 贅沢搾り ライチ
アルコール分 4%
内容量 350ml
栄養成分(100ml) エネルギー 66kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 10.7g (糖質 10.6g、食物繊維 0~0.2g)、食塩相当量 0.04g
製造者 アサヒビール株式会社
価格(税抜き) 95円
備考 期間限定
果実まるごと2個分 /果汁8%

プロフィール

amityz

Author:amityz
コンビニの商品開発力は素晴らしいが、一人勝ちは将来的に不安でもある。
と言うことで、食品スーパーを応援しています。特に「オーケー/OKストア」のファンです。

注目度の増す中食と家飲みをメインに、日々消費している食品類をアレコレ載せています。
購入は、特に記載のない限りオーケーストアで、価格は通常価格(非会員価格)を記載しています。

フリーエリア

アクセスカウンターのタグ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR