ブルボン ブランチュール チョコミント味

チョコレートやアイスでは定番の味覚、チョコミント。発祥はアメリカのサーティワンと言われています。まあアメリカ人の考えそうな味だと、思っていました。

チョコミントは好き嫌いの分かれる味。好感度を地域別で表現するなら、東高西低だそうです。
嫌いな理由の上位に必ず出てくる、「歯磨き粉を食べてるみたい」。 それはミント味が嫌いなのであって、チョコミントではありません。
個人的には、チョコレートもミントも好きですが、子供の頃から苦手な味です。

抹茶チョコレートの場合は、抹茶の渋みが甘さを抑えて美味しく感じるけど、チョコミントはそれぞれ風味が強すぎて、どうもダメです。
これを爽やかな甘さと感じる味覚には感心します。

例えれば、一時の気の迷いで結婚しちゃったけど、よくよく考えると何一つ分かり合えるものが無い。その後泥沼の離婚劇を繰り広げる二人みたいな。…何言ってるか分かりませんね。

P202005291.jpg

パッケージの色が、去年までの水色(クッキーの中身)から、グリーンに変わりました。 ミントを意識しての変更でしょうか、かなりドギツイ緑です。

まあ、柔らかなグリーンにすると、抹茶と同じで紛らわしいかも。

ブルボンのサイトより
ココアパウダーを練り込んだラングドシャクッキーと、ミント味のチョコレートを組合せたひとくちサイズのブランチュール。爽やかなチョコミントの風味をお楽しみください。

サクサクしたラングドシャクッキーの口どけが良くて、中のミントチョコだけならそれほど違和感はないかも知れない。

・ラングドシャクッキー
小麦粉、砂糖、バターを使った焼き菓子の一種で、表面がザラザラした軽い食感のお菓子。

P202005292.jpg

品名 チョコレート菓子
商品名 ブルボン ブランチュール チョコミント味
内容量 12個
栄養成分
(12個:標準42g)
エネルギー 225kcal、たんぱく質 2.5g、脂質 12.5g (飽和脂肪酸 7.0g)、炭水化物 25.9g (糖質 25.2g、食物繊維 0.7g)、食塩相当量 0.1g
製造者 株式会社ブルボン
価格(税抜き) 98円
備考 期間限定
スポンサーサイト



ブルボン ショコラ エリーゼ 宇治抹茶

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ニュースネタとしては、やや新鮮味が薄れてきましたが、何かと話題のパチンコ界隈。この業界をひたすら支えている人達がいます。

パチンカーと言う人種。雨の日も風の日も、朝も早くから店の前に並びます。遅刻も休みもせずに。勿論、コロナなどに怯むわけもなく、感染することより、パチンコが出来ないことを死ぬほど恐れます。

今日はいくら使って、いくら稼いだかを100円単位でメモし収益を管理。負けたことは、素早く忘れて気持ちを切り替えます。 そしてここ数日のデータの変動を見て、明日の状況を予測する。
最新の情報を得ようと、雑誌やネットをくまなく調べて、攻略法も完全に記憶します。

これだけのことが出来るなら、何をやっても成功しそうなのに、パチンコ屋の鴨以外には成りたくないようです。

サルを使った動物実験で、射幸心や依存症になるメカニズムは詳しく調べられています。
レバーを押すとバナナが出てくる、簡単な仕掛け。この装置に慣れさせて、バナナをたまに出ないように細工をする。
すると、何が起こったか理解できないが、またレバーを押せばバナナが出てくるので、気にも留めません。地道にこれを繰り返し、バナナの出る確率を徐々に下げていきます。

当たりを絞れば絞るほど、サルは狂ったようにレバーを叩き続け、バナナが出てくると、恍惚の表情を浮かべます。

エンドルフィンやドーパミンといった、脳内麻薬(脳内快楽物資)が生成されるためです。
続ければ、脳はこの脳内麻薬に溺れ、抜け出すことが出来なくなります。
ギャンブル依存症のサルの完成です。

パチンカーがサル並と言ってるわけではありません。
何にしても、趣味の世界の話なので、興味のない人には一生理解できません。お菓子の付録の紙カードに、何千万という大金を払う人と同じように。(アメリカの野球カードの話)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

P202005091.jpg

以前紹介した「ショコラ ルーベラ 抹茶」と同じ、抹茶をイメージした緑の箱入り「ショコラ エリーゼ 宇治抹茶」。

P202005092.jpg

壊れやすいウエハースに抹茶チョコレートをコーティングした「ショコラエリーゼ」。

袋を開けると、濃厚な抹茶の香り。気温の上がってきたこの時期、直接指でつまむと、周りの抹茶チョコレートがべとつきます。
しかもちょっと甘ったるいので、冷蔵庫で冷やすと丁度いい感じです。
まあ、個包装なので直接触らなくてもいいんだけど。

どちらかと言えば、サクサクのウエハースと抹茶クリームの、通常のエリーゼの方が好みです。

品名 チョコレート菓子
商品名 ブルボン ショコラ エリーゼ 宇治抹茶
内容量 10本入
栄養成分
(1本:標準7.2g)
エネルギー 40kcal、たんぱく質 0.3g、脂質 2.4g (飽和脂肪酸 1.3g)、炭水化物 4.3g (糖質 4.2g、食物繊維 0.1g)、食塩相当量 0.008g
製造者 株式会社ブルボン
価格(税抜き) 150円
備考 期間限定

カバヤ あまおう苺チョコレート 菓子類

・カバヤ食品
食品類に広く使われる甘味料のトレハロース。以前は高価な原材料だったようです。このトレハロースを安価に大量生産する技術を確立し、それまでの水飴製造業から食品・医薬品の製造販売へと躍進した、岡山県を代表する企業の林原。

この林原が、水飴製造の片手間に始めた菓子製造が、カバヤ食品の原点。
なお林原は、医薬品事業の失敗などにより2011年に経営破綻。現在は、長瀬産業の子会社として再建されています。

P202004291.jpg

菓子類の味覚として定番のイチゴ味。
イチゴの収穫量一位は「とちおとめ」を擁する栃木県で、二位は「あまおう」の福岡県。
このあまおう苺を100%使った、「カバヤ あまおう苺チョコレート」。
P202004292.jpg

今のような引き籠り生活をしていると、食べ始めると止まらなくて、気が付くと食べ尽くしています。特に高カロリーのチョコレートは、今後が心配です。そんな時は、開封したら冷蔵庫に入れるように習慣づけると、一気食いだけは避けられる、かも知れません。

普段食べているチョコレート類は、公正競争規約により定義されています。
大きく、チョコレート製品(チョコレート、準チョコレート、チョコレート菓子、準チョコレート菓子)とカカオ原料に分類され、それぞれ細かな定義があるようです。

・チョコレートは、カカオ分21%以上で乳固形分との合計が35%以上の生地を、重量比で60%以上使ったもの。
・準チョコレートは、カカオ分7%以上で乳固形分との合計が12.5%以上の生地を、重量比で60%以上使ったもの。
・チョコレート菓子・準チョコレート菓子は、それぞれの生地の使用が60%未満のもの。


品名 準チョコレート
商品名 カバヤ あまおう苺チョコレート
内容量 155g
栄養成分
(1粒:標準 4.8g)
エネルギー 27.2kcal、たんぱく質 0.23g、脂質 1.79g、炭水化物 2.69g、食塩相当量 0.008g
製造者 カバヤ食品株式会社
価格(税抜き) 193円
備考 福岡県産あまおう苺100%使用

ルック 宇治抹茶 食べくらべ

ルックチョコレートは、発売が1962年と60年近いロングセラー商品。
商品バリエーションも豊富で、様々な味を楽しめます。味同様に価格の方も色々で、商品ごとに店頭価格が違います。原価以上に人気や営業戦略が関係してるかも知れません。

過去記事「不二家 ルック ア・ラ・モード」20/01/22

ちなみに安いのは「ア・ラ・モード」、高めなのは「ハイカカオコレクション」です。
P202004141.jpg

「宇治抹茶 食べくらべ」は、和風の雅な感じのデザインです。

石臼挽き低温熟成製法、何となく意味は分かりますが、それがどのくらい有難いのか分かりません。まあ、戒名と同じで、字数が多いと有難いような気もします。

薄茶(おうす)と濃茶(おこいちゃ)をイメージしたと言うことで、2種類入っています。
チョコレートと抹茶の相性はいいので、十分抹茶の風味は味わえるも甘すぎてちょっと持て余し気味。
まあ甘くて当たり前ですが、濃茶より多少甘さを抑えた薄茶の方が美味しく感じました。

品名 チョコレート
商品名 不二家 ルック 宇治抹茶 食べくらべ
内容量 12粒
栄養成分
(1箱:標準43g)
熱量 252kcal、たんぱく質 2.5g、脂質 17.3g、炭水化物 21.5g、食塩相当量 0.048g
製造者 株式会社 不二家
価格(税抜き) 96円
備考 京都府産石臼挽き宇治抹茶使用
低温熟成



P202004142.jpg

日清シスコ チョコフレーク 濃厚仕立て

一昨年の話になりますが、2018年の9月にチョコフレークショックが国内を駆け巡りました。

森永製菓が生産終了を発表したためで、もう二度とチョコフレークを食べられないとの嘆きのメッセージが、ネット上を埋め尽くしました。まあ、チョコレート菓子界隈の話ですが。

いま話題の、マスクやトイレットペーパーで悪名を轟かせる転売ヤーが、この時も暗躍しました。
と言っても、転売ヤーが目を付けたのは、手に入りにくい「森永チョコフレーク」ではなく、日清シスコの製品。利用者の心理につけこみ、錯誤を利用したいつもの手です。もうね。

長く聞いていたCMコピーのせいで、チョコフレークと言えば森永をイメージしますが、シュアでは日清シスコが圧倒的でした。

P202003291.jpg
濃厚仕立ては、チョコレートの量を30パーセント増量した製品。63gの30%増しは、約82gなので原材料の原価は通常品と同じくらいです。
当たり前ですが、チョコフレーク一つ一つがきれいに分かれています。自動の製造ラインがどうなってるのか、なかなか想像できません。
私がラインを作ったら、製品になるチョコレートより廃棄される方が多くなりそうです。

レシートを見ると、「シスコ チョコフレークノウコウ 80」となっていました。
80は内容量の80gのことで、通常製品なら合っていますが濃厚仕立ては63gです。
まあ、POSレジで使ってるデータベースの、名称の登録ミスですね。よくあることです。と、ここで言ってもアレですが。

品名 準チョコレート菓子
商品名 日清シスコ チョコフレーク 濃厚仕立て
内容量 63g
栄養成分(63g) エネルギー 310kcal、たんぱく質 3.9g、脂質 13.5g、炭水化物 43.1g、食塩相当量 0.52g
製造者 日清シスコ株式会社
価格(税抜き) 88円


P202003292.jpg

プロフィール

amityz

Author:amityz
コンビニの商品開発力は素晴らしいが、一人勝ちは将来的に不安でもある。
と言うことで、食品スーパーを応援しています。特に「オーケー/OKストア」のファンです。

注目度の増す中食と家飲みをメインに、日々消費している食品類をアレコレ載せています。
購入は、特に記載のない限りオーケーストアで、価格は通常価格(非会員価格)を記載しています。

フリーエリア

アクセスカウンターのタグ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR