カルビー かっぱえびせん

スナック菓子分野で圧倒的な売り上げを誇るカルビー。菓子全般でみても、森永、グリコ、明治の大手メーカーの菓子部門の売り上げを上回ります。

世界的な企業の米ペプシコが、グループ企業を通じて筆頭株主になっていて、まさに最強タッグです。

サクサクした軽い食感の菓子類をスナック菓子と呼んでいますが、明確な定義はありません。
米や米粉を原料に、焼いたり揚げたりした煎餅やアラレは、スナック菓子と似た食感ですが米菓に分類されます。
小麦粉を原料とした焼き菓子はビスケット類に分類され、その中で塩味のものはクラッカーと言います。

スナック菓子を無理に定義するなら、米以外の穀類、イモ類などの炭水化物(澱粉質)を油で揚げたお菓子。
なお、魚介類や海藻などを原料に似た食感のものは珍味類です。
また、油で揚げるなどして仕上げた菓子類のうち、油脂含有率の多いものを油菓子と言うのでやっかいです。

やめられない、とまらないで人気のかっぱえびせん。1964年の発売から、すでに56年。

・カルビー かっぱえびせん 彩りフレンチサラダ味

P202006261.jpg

カルビーのサイトより
彩りフレンチサラダ味 サクッと軽い食感のかっぱえびせんに程よい酸味とオニオンの旨味。今年は野菜パウダーで彩りUPでもっと、やめられないとまらない♪

フレンチサラダ味は、かっぱえびせんの最初の味替わり商品。
塩味に軽い酸味の効いた、この季節の定番品です。

P202006262.jpg

品名 スナック菓子
商品名 カルビー かっぱえびせん 彩りフレンチサラダ味
内容量 70g
栄養成分(1袋:70g) エネルギー 346kcal、たんぱく質 4.8g、脂質 15.2g、炭水化物 47.4g、食塩相当量 1.3g、カルシウム 113mg
製造者 カルビー株式会社
価格(税抜き) 72円
備考 期間限定

・カルビー かっぱえびせん

P202006263.jpg

季節限定やご当地シリーズなど、どれも美味しいですが、定番品のシンプルな味も根強い人気です。

品名 スナック菓子
商品名 カルビー かっぱえびせん
内容量 85g
栄養成分(1袋:85g) エネルギー 423kcal、たんぱく質 5.7g、脂質 19.0g、炭水化物 57.2g、食塩相当量 1.4g、カルシウム 154mg
製造者 カルビー株式会社
価格(税抜き) 72円
備考 天然えびUP
スポンサーサイト



ハウス オー・ザック 磯のり塩

日本には岩塩層が無いので、食塩は海水を原料とした海塩です。海水を太陽熱と風を利用して濃縮し、煮詰めて製造していました。
日本は周りを海に囲まれてはいても、雨の多い気候のため何処でも作れるわけではありません。

忠臣蔵で有名な赤穂は、瀬戸内海に面した、今の兵庫県の西の外れに位置し、日照時間の長い塩造りに適した土地です。古くから塩田による塩造りが盛んで、特産の塩は全国に運ばれていました。

塩は生命維持には無くてはならない、重要な物資。
古代ローマ帝国では兵士に配給品として塩が与えられていて、今日のサラリーの語源にもなっています。また古代中国では、紀元前から皇帝の専売となり、その権力を支える財源となっていました。

現代日本の食塩は、気候の関係で、一部の小規模な天日製法除いて、屋内で作られるミネラル分を含まない純度の高い食塩です。
日本の塩は100%海水から作りますが、世界の生産量の2/3は岩塩や塩湖から作った塩です。

岩塩は、地中にある岩塩層を切り出したもの。
まあ、岩塩も太古の海が干上がったり、地殻変動などで出来た海塩の化石ともいえる鉱物なので、海塩と大差ないような気がしますが、ミネラルを含んだ柔らかい味で人気です。

中でも、よく耳にするアルペンザルツ岩塩。ヨーロッパ中央にそびえるアルプス山脈の、ドイツ側の岩塩層から作られた岩塩で、天然のミネラルを豊富に含んでいるのが特徴だそうです。

今日は、そのアルペンザルツ岩塩を使用した商品。

オー・ザック 磯のり塩

P202006071.jpg

食品メーカーのハウス食品が製造するスナック菓子「オー・ザック」。
ハウス食品の菓子と言えば「とんがりコーン」と、この「オー・ザック」が有名。ザクザク、カリカリとした、ちょっと堅めの食感が人気です。

いくつかある商品の中から、今回は定番「磯のり塩」。
磯の香りと控えめな塩味です。ミネラル豊富と何度も読んでいると、何となく深みのある塩味に思えてきます。
ええ、暗示に掛かりやすいので。

P202006072.jpg

品名 菓子(ポテトスナック)
商品名 ハウス オー・ザック 磯のり塩
内容量 68g
栄養成分(1袋:68g) エネルギー 373kcal、たんぱく質 3.0g、脂質 23.3g、炭水化物 37.7g、食塩相当量 0.88g
製造者 ハウス食品株式会社
価格(税抜き) 89円
備考 まろやかなアルペンザルツ岩塩使用(製品食塩中50%)

フリトレー ドラゴンポテト たらこバター味

いつもフレトリーかフリトレーか分からなくなる、世界ブランドの「フリトレー」。世界第2位の食品会社「ペプシコ」の、菓子ブランドが「フリトレー」です。

日本法人の「ジャパン フリトレー」は「カルビー」の100%子会社。「ペプシコ」は「カルビー」に子会社を通じて間接的に出資し、主要株主となっています。

主な製品は、ドリトス、チートス、マイクポップコーンなど。
日本のスナック菓子を見ると、サクサク、シャリシャリと言った軽い食感のものが多く、海外のようなバリバリッとした堅いものは少ない。「フリトレー」には、コーンを使った堅めのスナックのイメージが有ります。
靴底のような固いステーキに慣れた民族と、柔らかな和牛や刺身を好む民族の、食文化の違いでしょうか。

ちなみに、食品会社の世界ランキング1位は、スイスの「ネスレ」。
3位以降には、統合を繰り返し巨大化したビール会社が続き、アメリカの「コカコーラ」はここ数年順位を落として9位。
日本企業では、ジンビームを傘下に売り上げを伸ばしたサントリーが、13位に躍進しています。

  *Fooden Engineering 2019年のランキングを参考

・フリトレー ドラゴンポテト P202005241.jpg
ドラゴンポテトは、この捻じれた不思議な形が特徴です。薄い帯状の生地が、縦と横で鞍のように逆方向に丸まって、この複雑な形を作っています。

どうやって作ってるのか気になります。マカロニのフジッリを油で揚げたら、こんな形になりそうな気もしますが、なかなか想像できません。片面だけちょっと乾燥させたり、縁の方に何かを塗るとか製造に秘密が有るのでしょう。

P202005242.jpg

濃厚なタラコとバターの取り合わせと、塩味のサクサクとした軽い食感は、ビールによく合いそうです。

品名 スナック菓子
商品名 フリトレー ドラゴンポテト たらこバター味
内容量 45g
栄養成分(1袋:45g) エネルギー 256kcal、たんぱく質 1.4g、脂質 16.8g (飽和脂肪酸 7.6g)、炭水化物 24.7g (糖類 0.9g)、食塩相当量 0.9g
製造者 ジャパン フリトレー株式会社
価格(税抜き) 79円
備考 神食感



P202005243.jpg

ビールじゃないけど。

三河屋 えびせんべい屋の麻辣味

ここ数年、麻辣(マーラー)が流行りです。火の出るほど辛い中華料理。痛いほど辛くて、しかも旨い。

麻辣の麻は、麻婆豆腐に代表される、四川料理の辛さの麻味です。ちなみに麻婆豆腐は、麻味(マミ)オバさんの豆腐料理ではありません。まあ、似たようなニュアンスかも知れないけれど。

この麻味は、花椒(カショウ/ホアジャオ)を使った痺れるような辛さのこと。花椒は、中国に自生するカホクザンショウの実の皮(果皮)を乾燥させたもの。日本の山椒の仲間で、赤く熟した実が花のように見えることから、こう呼ばれています。

辣油にも使われる辣は、唐辛子の辛さで、日本の辛いと同じ意味。
四川料理は、花椒の痺れるような辛さと、唐辛子のヒリヒリする辛さが合わさった麻辣味を特徴とします。


・三河屋 えびせんべい屋の麻辣味
P202005161.jpg

スナック菓子の麻辣味は、香辛料の使用を抑えたあまり辛くない商品が多いが、これは、35gと少量なのに半端ない辛さ。まさに手加減無しで、辛味に苦手な人は舌が痛く感じるほどです。

食べ終わってから、冷やしたコーラをちょっとずつ口に含みながら、痛みが去るのを待ちました。

もう食べないと思うけど、辛さの中に病みつきになる程の旨さが感じられます。
辛味好きの人はどうぞ。

品名 菓子
商品名 三河屋 えびせんべい屋の麻辣味
内容量 35g
栄養成分(1袋:35g) エネルギー 157kcal、たんぱく質 0.8g、脂質 5.5g、炭水化物 26.3g、食塩相当量 0.9g
製造者 三河屋製菓 株式会社
価格(税抜き) 98円



P202005162.jpg

サッポロポテト つぶつぶベジタブル

サッポロポテトの誕生秘話が、ポテトリビアとして、公式サイトに載っています。

カルビー公式サイトより
どうして「サッポロポテト」なのか
北海道がじゃがいもの一大産地であり、1972年札幌オリンピックの年に誕生したことから

サッポロビールとは関係ありませんでした。
P202004221.jpg

春限定の桜デザインです。袋には7種の野菜と書いてありますね。

小麦粉、じゃがいも、コーンスターチ、ホウレン草、人参、ピーマン、カボチャ、トマト、オニオン、赤ピーマン、レッドビート。植物由来の原材料は11種類。(添加物に植物由来が有るかも知れないけど除外)
小麦粉とコーンスターチは、穀物なので除外。そして公式では、「じゃがいも+7種類の野菜」と言うことで、じゃがいもを除外すると残り8種類。

さて、トマトは野菜か果物か。過去何度も議論され、裁判にもなったようです。
野菜でも果物でも、どっちでもいいやん、て思うけれど輸入関税が絡むので話は単純ではない。
野菜を輸入した場合は税金を払うと法で決められていたため、野菜か果物か白黒つける必要があり、裁判で判断を仰ぐことになったという次第。

☆★☆
代官「お前は野菜を輸入したのに年貢を払ってないそうじゃな」
業者「何をおっしゃいますやら。あれは南蛮より取り寄せたトマトと言う果物にございます」
代官「嘘を申せ。皆が赤茄子と呼んでおったぞ」

役人「被告人を引っ立てぇ~」*笊に入れられたトマトが持ち込まれる
奉行「このお白洲で嘘をついても、ためにならぬぞ」
奉行「そのほう、果物と偽っているが、本当は野菜だな」
  「この桜吹雪が目に入らねえか」*手に持つはサッポロポテト桜デザイン
  「ここに写るお前が、何よりの証拠。忘れたとは言わせねえぜ!」
一同「…」
奉行「これにて一件落着」
☆★☆
現実に100年以上前のアメリカで、最高裁の判決により野菜と確定しました。
理由は、畑で作られて、デザートで食べないから。

で、7種類の野菜が何かは分かりません。
ピーマンと赤ピーマンを一つと数えるのか、一番使用割合の少ないレッドビートは野菜枠じゃないのか。まあ、多い分には何も問題ないです。

品名 スナック菓子
商品名 カルビー サッポロポテト つぶつぶベジタブル
内容量 80g
栄養成分(1袋:80g) エネルギー 388kcal、たんぱく質 4.8g、脂質 16.8g、炭水化物 54.5g、食塩相当量 1.0g
製造者 カルビー株式会社
価格(税抜き) 72円
備考 7種の野菜
お花見デザイン



P202004222.jpg

プロフィール

amityz

Author:amityz
コンビニの商品開発力は素晴らしいが、一人勝ちは将来的に不安でもある。
と言うことで、食品スーパーを応援しています。特に「オーケー/OKストア」のファンです。

注目度の増す中食と家飲みをメインに、日々消費している食品類をアレコレ載せています。
購入は、特に記載のない限りオーケーストアで、価格は通常価格(非会員価格)を記載しています。

フリーエリア

アクセスカウンターのタグ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR