森永 リーフィ レモン

森永製菓は、明治38年の創業以来ずっと天使(エンゼル)をシンボルマークとして使っています。オモチャの缶詰が貰える、金のエンゼルのアレですね。

CI活動の一環で、1986年に現在のマークに変更されました。天使が翼を広げ、大きく羽ばたこうとする姿です。
翼を広げた形が頭文字のMを形作っていて、デザイナー的には会心の作なのでしょう。

P202006171.jpg
羽を表す6本の太線が、私には、大地に踏ん張る6本の足に見えます。顔がかわいいので、怖くないですが、目の前に牛ぐらいの大きさでいきなり現れたら、フリーズしそうです。

虫や蜘蛛のモンスターと言えば、ファンタジーの世界ではお馴染みで、ミルメコレオ、ウンゴリアント、シェロブ、アトラクナクアなどがその代表。
中でも、指輪物語に出てくる、闇の洞窟に棲むシェロブを思い出しました。
凶悪で可愛さなど微塵もありませんが、このマークを見ていると何故かイメージが被ります。
昨今の異世界ブームと、何でも美少女化する文化では、アトラクナクアなどにも使えそうです。

蜘蛛は主に昆虫を捕食し、人間にとって中立的な生き物なのに、一方的に嫌われています。
得体のしれない姿形なので、悪や闇の概念と結びつけやすいのでしょうか。
親戚筋のエビやカニは人気なのに、不憫でなりません。と言っても、捕まって食べられてしまうのと、どっちが幸せかは分かりませんが。

*CI(コーポレート・アイデンティティー)
 企業イメージを明確にし、その価値を高めようとする戦略。(概念が曖昧過ぎて、イマイチ意味が分かりません)
バブル期終盤には、多くの企業で「CI戦略の一環として」という言葉とともに、大金を使って活動していました。(金余りでしたから)
目に見える形では、企業名がカッコイイ文字列になったり、新しいロゴマークが作られたりしました。

*ミルメコレオ:古代よりヨーロッパに伝わる魔物。アリの体にライオンの頭。
 古代人は、発想が自由すぎる。
*ウンゴリアント、シェロブ:ファンタジーの巨匠トールキンの世界に出てくる、蜘蛛の魔物。
 シェロブのご先祖様がウンゴリアント。
*アトラクナクア:クトゥルフ神話に出てくる蜘蛛の様相の神。

さて、今さらお菓子の話も何ですが、「森永 リーフィ レモン」。

P202006172.jpg
森永製菓のサイトより
リーフィ<レモン>
 夏らしい季節感のある、さわやかなレモンの味わいの期間限定リーフィです。カリッとサクサクのパイに、さわやかな甘さと酸味が味わえるレモン味のコーティングをしました。

P202006173.jpg

カリッなのか、サクサクなのか突っ込もうと思ったら、表面が若干固めのパイなので、商品説明通りカリッとサクサク。
上に塗られたレモン風味のクリームが、この季節ならではの爽やかな味わいです。
ただ、クリームが溶けてベトつくので、冷蔵庫で冷やすのをお勧め。

品名 パイ加工品
商品名 森永 リーフィ レモン
内容量 12枚(2枚*6袋)
栄養成分
(1枚:標準7g)
エネルギー 38kcal、たんぱく質 0.33g、脂質 2.2g、炭水化物 4.3g、食塩相当量 0.05g
製造者 森永製菓 株式会社
価格(税抜き) 129円
備考 期間限定
瀬戸内レモン味
スポンサーサイト



カントリーマアム チョコミント

子供の頃食べたお母さんの味、「焼きたて手作りクッキー」を思い起こさせる「カントリーマアム」。

まてまて、誰の記憶だ。うちの母親がクッキーを焼いたとこなど、見たことが無いぞ。などと思っていたら、日本ではなく古き良きアメリカのイメージらしい。いわゆるアーリーアメリカンな雰囲気。
日本なら何だろう。わらび餅や草大福くらいしか、思い浮かばない。

P202006111.jpg

ちょっとデコボコした形が、いかにも手作り感の軟らかいクッキー。
定番品以外にも沢山の期間限定品があり、不二家の主力ブランドになっています。 今回は冷蔵庫で冷やして美味しい「うすやき チョコミント」。

P202006112.jpg

カントリーマアムは、加熱するとチョコが溶けて薫り高くなり、焼き立て感を味わえると人気です。
暑い季節には、加熱より冷蔵庫で冷やすことを推奨しています。
このタイプは商品名にもあるように、少し薄く軽い代わりに枚数が増えているので、量的には同じくらい。

P202006113.jpg

爽やかなチョコミントアイスをイメージした商品ということで、不快指数上昇のなかパッケージに釣られて購入しました。苦手な味だと言いながら、魔が差したとしか思えません。

冷蔵庫で冷やすと、甘さが抑えられミントの爽快感が際立ちます。冷凍庫で更に冷やすと、チョコチップのカリカリした食感が美味しいとのこと。

品名 クッキー
商品名 不二家 うすやき カントリーマアム チョコミント
内容量 10枚
栄養成分
(1枚:標準9g)
熱量 43kcal、たんぱく質 0.4g、脂質 2.0g、炭水化物 5.8g、食塩相当量 0.051g
製造者 株式会社 不二家
価格(税抜き) 139円

ブルボン エリーゼ 抹茶

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ウイルス感染に終息の兆しが見えません。
ここにきて、ロシア、ブラジルの感染被害が増大しています。
特にブラジルの場合は、大統領が「コロナなどただの風邪だ、それより経済活動を」という考えなので、より深刻かも知れません。

国別の被害状況を見ると、中国の感染者数と死者数ともに、10位以内から消えています。
一時は、全世界の感染者の9割以上が中国だったのを考えると、いかに世界中に広まったかが窺い知れます。数値自体は、その国の医療事情が関係するので、状況を正確に表すわけではないにしても、参考にはなります。

中国では、感染の抑え込みに成功したのでしょうか。情報の抑え込みでなければ、良いのですが。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

P202005041.jpg

いい加減飽きたと言われそうな、ブルボンの抹茶シリーズ。安心してください、まだホンの序の口です。
まあ本人も飽きてきたので、あと1.2点で、ひょっとしたら4.5点…。
P202005042.jpg

軽い食感のウエハースで、宇治抹茶クリームを包んだスティック状のクリームウエハース。
抹茶味は、このクリーム状のタイプが好きです。

ウエハース
小麦粉を主原料をした焼き菓子の一つで、サクッとした軽い歯ざわりのお菓子。公正競争規約でビスケット類は細かく定義されていますが、ウエハースは無いようです。

品名 クリームウエハース
商品名 ブルボン エリーゼ 抹茶
内容量 40本(2本*20袋)
栄養成分
(2本*1袋:標準7.2g)
エネルギー 38kcal、たんぱく質 0.4g、脂質 2.1g(飽和脂肪酸 1.1g)、炭水化物 4.5g(糖質 4.4g、食物繊維 0.1g)、食塩相当量 0.008g
販売者 株式会社ブルボン
製造者 北日本羽黒食品株式会社
価格(税抜き) 199円

ブルボン ロアンヌ 宇治抹茶

日本では花粉症が多いので、この季節はマスク姿が当たり前の風景だけど、欧米では、普段マスクをする習慣がないようです。顔を隠す危ないヤツというイメージが有るのでしょうか。サングラスは良いけど、マスクはダメみたいな。まあ彼らは鼻が高いので、立体縫製の特別仕様が必要かも知れない。どんな鼻だよ…

欧州各国でも、マスク義務を巡る議論が盛んで、このコロナ騒ぎが何年も続くようだと、マスクをしないやつは逆に危ないヤツに変わりそうです。常識は時と場合により変わる、を体験することになりますね。

このままマスクが常用されると、顔認証に大きな問題が出て、テロ対策でコッソリ監視してるNSA辺りが困りそうです。

*NSA アメリカ国家安全保障局
 悪名高い、アメリカの情報機関で、長い間その存在すら秘密にされてきた。CIAなど、子供のままごとと言われるほど。
P202004261.jpg

型を使って表面に凸凹模様を付けた平たい焼き菓子を、フランス語でゴーフル(英語でワッフル)と言うようです。
日本では、この薄い焼き菓子にクリームを挟んだものをゴーフル(小型のものをゴーフレット)の商品名で販売しました。

いかにもフランスっぽいネーミングの「ブルボン ロアンヌ」。このゴーフレットに、バニラやイチゴクリームなどをサンドした商品です。
P202004262.jpg

サクッとした軽い食感のゴーフレットに、甘さを抑えた抹茶クリームがはさまれています。
「甘さを抑えた」、聞き飽きたフレーズですが、抹茶とクリームの相性が良く美味しいです。

品名 焼菓子
商品名 ブルボン ロアンヌ 宇治抹茶
内容量 20枚(2枚*10袋)
栄養成分
(2枚*1袋:標準14.2g)
エネルギー 72kcal、たんぱく質 1.1g、脂質 3.4g (飽和脂肪酸 1.3g)、炭水化物 9.3g (糖質 9.1g、食物繊維 0.2g)、食塩相当量 0.05g
販売者 株式会社 ブルボン
製造者 北日本羽黒食品株式会社
価格(税抜き) 199円
備考 期間限定

ブルボンの袋入りビスケット

スーパーのお菓子と言えば、ブルボンの袋入りビスケット。「ルマンド」「ルーベラ」「エリーゼ」など人気の商品が沢山あります。

今日は以下の2点。

・ブルボン ホワイトロリータ
「ロリータ」は、少女性愛者のオッサンと美少女(ロリータ)との関係を描いた小説で、「ロリ」「ロリコン」などの言葉の元になっています。甘く白いお菓子が、魅惑的な少女をイメージしてるのですね。
と、お約束のベタな間違い。

小説の「ロリータ」は(Lolita)で主人公の少女の愛称。
ブルボンの「ホワイトロリータ」(white rollita)は、回転のロール、ローリング(rolling)からの造語で、お菓子の捻じれた感じを表しています。

まあ、カタカナで書いたら違いが無いわけで、オッサンが買い物カゴに入れてると妙にドキドキしてしまいます。ウソデス

P202004051.jpg

品名 クッキー
商品名 ブルボン ホワイトロリータ
内容量 14本
栄養成分
(1本:標準7g)
エネルギー 38kcal、たんぱく質 0.3g、脂質 2.1g (飽和脂肪酸 1.4g)、炭水化物 4.5g (糖質 4.4g、食物繊維 0.1g)、食塩相当量 0.02g
販売者 株式会社 ブルボン
価格(税抜き) 88円

・ブルボン バームロール
価格は変わらないけれど、気が付けば7本に減っていた。このまま減り続けると…袋だけにならないかと心配です。まあ原価が上がってるので、しょうがないのだろう。

名前は「バームクーヘン」のバーム(ドイツ語で木)から来ているのだろうか。「バームクーヘン」は、切り口が樹木の年輪に見えるからで、木と言うより、バンブーに見えます。
あっ、表面を抹茶クリームでコーティングして「バンブーロール」の名前で新製品を作りましょう。実用新案等の権利は放棄しますので。
P202004052.jpg
品名 洋菓子
商品名 ブルボン バームロール
内容量 7本
栄養成分
(1本:標準13g)
エネルギー 68kcal、たんぱく質 0.7g、脂質 4.1g(飽和脂肪酸 2.3g)、炭水化物 7.0g(糖質 6.9g、食物繊維 0.1g)、食塩相当量 0.06g
販売者 株式会社 ブルボン
価格(税抜き) 88円



P202004053.jpg

プロフィール

amityz

Author:amityz
コンビニの商品開発力は素晴らしいが、一人勝ちは将来的に不安でもある。
と言うことで、食品スーパーを応援しています。特に「オーケー/OKストア」のファンです。

注目度の増す中食と家飲みをメインに、日々消費している食品類をアレコレ載せています。
購入は、特に記載のない限りオーケーストアで、価格は通常価格(非会員価格)を記載しています。

フリーエリア

アクセスカウンターのタグ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR