OK おにぎり(ツナマヨ)

たまには、おにぎりでも。
いままで、混ぜご飯系のおにぎりばかりだったので、白飯を使った通常品です。

混ぜご飯は多少の色ムラが有っても気付かないし、濃い味付けをすると色々と誤魔化せる。なので安い。と言うのは、食糧事情の悪かった戦後の混乱期の話。

今は、混ぜご飯でも白飯でも厳しい品質管理を行っています。行ってるはずです、多分。

・OKの50円おにぎり。
P202005136(1).jpg

人気の「ツナマヨ」と「ねぎみそ」です。おにぎりが全部50円ではなく、安い方を選んできました。鮭やタラコ、鶏肉、豚肉を使ったものは、75円です。

二つ食べても300kcal未満。最近なら、お昼はこの程度で十分。

P202005137(1).jpg
中の具材が、やや少ないような気がしますが、気のせいです。健康に気を使った、低カロリー商品なのです。もちろん財布にも。

カロリーは十分なんだけど、心理的にちょいエナジー不足…

・10品目具材の本格中華春巻
P202005138(1).jpg

以前も紹介した10品目春巻き。増量サービス中のようで、5本から6本と20%増量です。
20%の増量サービスは、サラダや和え物などの惣菜類ではよく見かけます。でも、揚げ物や中華惣菜では無かったですね。


前回は、中身の10品目が曖昧だったので、答え合わせをします。
正解は、「筍、もやし、人参、玉葱、キャベツ、鶏肉、豚肉、春雨、きくらげ、椎茸」だそうで、全部正解です。一部「かな~」などハッキリと答えてないので、95点くらいにしておくか。まあ、ほぼほぼ正解と言うことで。

これ、3本食べると、おにぎり4個分か。なるほど…

・おにぎり(ツナマヨ)
品名 おにぎり
商品名 イクタツ おにぎり(ツナマヨ)
内容量 1個
栄養成分(1包装) エネルギー 152kcal、たんぱく質 3.1g、脂質 2.1g、炭水化物 29.1g、食塩相当量 1.0g
製造者 株式会社イクタツ
価格(税抜き) 50円
備考 国産米使用
有明産海苔使用

・おにぎり(ねぎみそ)
品名 おにぎり
商品名 イクタツ おにぎり(ねぎみそ)
内容量 1個
栄養成分(1包装) エネルギー 146kcal、たんぱく質 2.9g、脂質 1.3g、炭水化物 29.9g、食塩相当量 1.2g
製造者 株式会社イクタツ
価格(税抜き) 50円
備考 国産米使用
有明産海苔使用

・10品目具材の本格中華春巻
商品名 OK 10品目具材の本格中華春巻 増量
内容量 6本
栄養成分(1本) 熱量 196kcal、蛋白質 3.6g、脂質 13.3g、炭水化物 15.6g、食塩相当量 0.8g
製造者 オーケー株式会社 サガン店
価格(税抜き) 258円
備考 増量セール
スポンサーサイト



ローソンストア100 豚骨ラーメン風 おにぎり

ローソンストア100で「豚骨ラーメン風おにぎり」を見つけました。他社にも有りますが、ゆで卵を使わず材料を混ぜただけのシンプルな商品です。
特に卵が高いのではなく、製造工程を軽くすることで原価を抑えているのでしょう。炒り卵にして混ぜ込むと、チャーハンになっちゃいますし。

豚骨ラーメン風のこってりした味に、生姜や高菜の風味が良く合います。
また、麺(原材料では焼きそば)が混ぜ込まれていて、一時流行ったB級グルメの「そばめし」風です。

油分の多い豚骨スープのせいなのか、握りがあまいのか分かりませんが、ご飯に粘りがなくボロボロこぼれます。
コンビニ利用者には好まれそうな味なので、この食べにくさを改善すれば、悪魔のおにぎりに次ぐヒット商品になるかも知れません。
P202003081.jpg
品名 おにぎり
商品名 サンデリカ おにぎり 豚骨ラーメン風
内容量 1個
栄養成分(1包装) 熱量 183kcal、蛋白質 4.1g、脂質 2.5g、炭水化物 36.1g、Na 899mg
製造者 株式会社 サンデリカ 相模原事業所
価格(税抜き) 100円
購入 ローソンストア100
備考 国産米使用

まいばすけっと たぬきおにぎり

ここ数年で、おにぎり界の勢力図を書き変えたと言われる「たぬきおにぎり」。まいばすけっとからも出ていました。
包みのタヌキのイラストが、控えめです。味の方も控えめ…と言うか薄味で、「たぬきおにぎり」らしからぬ味。そして、味の要とも言える、青のりの風味がほとんど感じられず、味の薄さと相まってタヌキに騙された感じです。
寝ぼけていて、味覚が鈍かったのかも知れませんが。

コンビニ食の味付けは、利用者の年齢層も関係してか濃厚なものが多い。個人的に薄味の商品は評価できるのだけど、これはどうなんだろう。原価を抑えるためアレコレしたら、薄味になったという感じです。

包みに書かれている青粉を見ると、池に大量発生して問題となるアオコを連想します。
ちなみに、青粉は青のりを粉末状にしたものらしいけど、原材料に記載されているのは「あおさ粉」です。
青のりと比べ香りの劣るアオサとは言え、ここまで香りが乏しいと、ただの「ダシ色のついたおにぎり」にしか思えません。

58円に文句タラタラです。
最後に、「たぬきおにぎり」の商品名を電柱に見立て、顔と尻尾だけ出してコッソリこちらを窺うタヌキにしたら、 面白いと評判になるかも知れませんよ。
P202002251.jpg
品名 おにぎり
商品名 爽健亭 まい結び(たぬきおにぎり)
内容量 1個
栄養成分(1包装) 熱量 160kcal、蛋白質 2.5g、脂質 2.4g、炭水化物 32.0g、食塩相当量 0.9g
製造者 株式会社 爽健亭 習志野工場
価格(税抜き) 58円
購入 まいばすけっと
備考 天かす、青粉、炊き込みだしご飯

OK たぬきおにぎり

コンビニおにぎりのランキングは、長らく1位ツナマヨ、2位シャケで安定していました。
この2強に、ローソンが2018年に発売した「悪魔のおにぎり」が、爆発的な人気で食い込んだ。

悪魔のおにぎり、一般的には「たぬきおにぎり」や「天かすおにぎり」と呼ばれています。
日本人の味の原点ともいえる醤油ベースの「つゆ」を使い、油分の染み込んだ天かす、そして食欲を喚起する「青のり」の香り。
人が美味しいと感じる要素を、安価な素材でバランスよく組み合わせたところに成功の鍵が有りそうです。
もちろん、商品名や悪魔タヌキのイラストも要因の一つかもしれませんが。

OKの単品おにぎりは、ちょっとお高い75円と安い50円の商品があり、「たぬきおにぎり」「五目炊き込みおにぎり」ともに50円。
混ぜご飯系のおにぎりは、どこを食べても美味しいので、白飯で具材を包んだものより好きです。
P202002022.jpg

・たぬきおにぎり
品名 おにぎり
商品名 イクタツ たぬきおにぎり
内容量 1個
栄養成分(1包装) エネルギー 152kcal、蛋白質 3.0g、脂質 2.3g、炭水化物 28.6g、食塩相当量 0.8g
製造者 株式会社イクタツ
価格(税抜き) 50円
備考 国産米使用
そばつゆ、あげ玉、あおさ
・五目炊き込みおにぎり
品名 おにぎり
商品名 イクタツ 五目炊き込みおにぎり
内容量 1個
栄養成分(1包装) エネルギー 135kcal、たんぱく質 2.4g、脂質 1.3g、炭水化物 27.1g、食塩相当量 0.7g
製造者 株式会社イクタツ
価格(税抜き) 50円
備考 国産米使用

プロフィール

amityz

Author:amityz
コンビニの商品開発力は素晴らしいが、一人勝ちは将来的に不安でもある。
と言うことで、食品スーパーを応援しています。特に「オーケー/OKストア」のファンです。

注目度の増す中食と家飲みをメインに、日々消費している食品類をアレコレ載せています。
購入は、特に記載のない限りオーケーストアで、価格は通常価格(非会員価格)を記載しています。

フリーエリア

アクセスカウンターのタグ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR