吉野家 牛カルビ生姜焼き丼

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

出かけようとして郵便受けを見たら、ティッシュの入ったDMのような物が。これが、巷で噂の「アベノマスク」か。都市伝説では無かったようです。
P202005262(1).jpg
ネット上では散々な言われようですが、やはり小さいのが気になりますね。普段使っているマスクと比べると、4cmほど、両側が一円玉程度短くなった感じです。

不要の方は、寄付するのも手です。「アベノマスク 寄付」などで検索すると色々出てきます。ただし何処も「未開封のもの」なので、開封せずに有効利用しましょう。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


・吉野家 牛カルビ生姜焼き丼
P202005263(1).jpg
先月食べた牛カルビ丼に似た、焼いたタイプの牛丼。今回は生姜焼きです。

  前回の「吉野家 牛カルビ丼」20/04/27

牛カルビ丼に付いていた唐辛子味噌(コチュジャン)は無く、キャベツ用のマヨネーズが付いています。
P202005264(1).jpg

マヨネーズの入った小さな容器。片側の固い部分をパキッと折って中身を出すタイプを、ディスペンパック(今はパキッテ)と言います。

ファーストフード店で、ケチャップやマスタード、ドレッシングなどでよく見かけます。
アメリカで考案された少量梱包の使い捨て容器の発明品(新案)で、日本ではキューピーと三菱商事が共同で事業を行っています。
小袋に入ったものに比べて、はるかに使いやすく便利ですが、プラスチック削減の流れの中では、やや逆風かも知れません。

P202005265(1).jpg

ひと手間掛かる、カルビの生姜焼き丼。牛丼のようにまとめて作れないので、作業も大変です。

味の方は、カルビ特有の脂っこさがあるのに、生姜の風味が効いた吉野家自慢の特製タレでいくらでも食べられます。

この手の「牛焼肉弁当」は、食の禁忌にもあまり対象とならず、ヴィーガンの人を除けば幅広く支持されています。
まあ、高カロリーなのと栄養バランスを考えなければですが。
私の知る外国人は、皆この焼肉弁当が大好きです。揃って、お腹の周りに手を当てながら、危険な食べ物だと笑っています。

商品名 吉野家 牛カルビ生姜焼き丼 並盛
栄養成分(1食) 熱量 777kcal、たんぱく質 20.3g、脂質 31.8g、炭水化物 96.6g、食塩相当量 1.8g
アレルゲン 乳・小麦・牛肉 ・大豆 ・りんご ・ゼラチン
価格(税抜き) 548円
備考 季節限定
・紅生姜(添付)
以前はタイ産だったけど、今は中国。
品名 しょうが酢漬け
商品名 吉野家 紅生姜(小袋)
販売者 株式会社 吉野家ホールディングス
輸入者 マルツ食品株式会社
原産国 中国
・七味唐辛子(添付)
原材料や栄養表示など、何も分かりません。
品名 七味唐辛子
商品名 吉野家 七味唐辛子(小袋)
販売者 株式会社 吉野家ホールディングス
・マヨネーズ(添付)
容器の関係で、キューピーだと思うけれど確証なし。
品名 マヨネーズ
商品名 マヨネーズ(DESPEN PAK)
販売者 株式会社 吉野家ホールディングス
備考 アマニオイル入り



・「吉野家の経済学」 阿部修仁/伊藤元重 日経ビジネス文庫(2002) 600円(税抜き)
アルバイトで働いてた頃から牛丼の価格戦争までを、対話でひも解く吉野家の強さ
P202005261(1).jpg
スポンサーサイト



吉野家 牛カルビ丼

平日のお昼過ぎ、しかも雨が降ってる。こんな日なら店も空いてるかな、と思い吉野家へ。
店内には、二人ほど居たけど、持ち帰りに並ぶ人なし。ラッキー。
P202004272(1).jpg

焼肉店で見かける唐辛子味噌、ジャン(コチュジャン)の小袋調味料が添えられています。
さて、中身は何でしょう。タイトルに書いてあるけど…

P202004273(1).jpg

タレを付けて焼いた、カルビの香ばしさが鼻をくすぐります。

定期的に食べたくなる牛丼も、この香ばしさには敵いません。と言っても、醤油ダレの焦げた匂いなんだけど、脳に旨さが焼き付けられているのか、知らずにヨダレが出てきそうです。

赤いジャンは、量が少なくて、辛いのかどうか分かりません。ねぎの方が辛いくらいです。

7.8年ほど前に食べた「東京チカラめし」を思い出します。 この「牛カルビ丼」に似た焼き牛丼を提供する店で、一時は既存の牛丼店を凌ぐほどの勢いでした。

あっという間に店舗を増やし、牛丼チェーンの新たな一員に数えられる程だったのに、いつの間にか消えてしまいました。 過去形ではなく、今でも数店営業してるようですが見かけません。

味は悪くなかったけれど、焼いて提供すると言う面倒な作業に加え、急激な出店ペースに店員の育成が間に合わなかったと言うのが、躓いた理由のようです。

規模による集約効果を狙ったんでしょうが、地道に育てていたら面白かったかも知れません。
いきなりステーキが流行る数年前のことです。外食産業の栄枯盛衰は色々ドラマチックですね。

*「東京チカラめし」
三光マーケティングフーズがチェーン展開した焼き牛丼店。
三光マーケティングフーズは、「東方見聞録」や「金の蔵」などの居酒屋、飲食店を展開する外食サービス企業。

*「いきなりステーキ」
ペッパーフードサービスがチェーン展開するステーキ専門店。最近、息切れ気味。

商品名 吉野家 牛カルビ丼 並盛
栄養成分(1食) 熱量 839kcal、たんぱく質 21.5g、脂質 34.1g、炭水化物 103.4g、食塩相当量 2.1g
アレルゲン 小麦・牛肉・大豆・ごま・りんご・ゼラチン
価格(税抜き) 548円

吉野家 牛すき鍋膳

寒い季節だけの限定メニュー。大体11月から、4月まで販売されてるようです。
中身は牛肉をメインに、豆腐、野菜(玉ねぎ、白菜、ねぎ、人参、水菜)、平打ちうどんが入っています。
つゆは、かなり甘目ですが、塩分も相当入っていますね。
辛いほうが好きな人は、少々高いですが麻辣牛鍋膳(748円)がお勧めです。
P202001201(1).jpg
商品名 吉野家 牛すき鍋膳 並盛
栄養成分表示(1食) エネルギー 1252kcal、タンパク質 36.1g、脂質 48.0g、炭水化物 164.3g、食塩相当量 6.3g
アレルゲン 卵・乳・小麦・牛肉・大豆・豚肉・りんご・ゼラチン
価格(税抜き) 648円
備考 白飯、牛すき鍋、生卵
季節限定

プロフィール

amityz

Author:amityz
コンビニの商品開発力は素晴らしいが、一人勝ちは将来的に不安でもある。
と言うことで、食品スーパーを応援しています。特に「オーケー/OKストア」のファンです。

注目度の増す中食と家飲みをメインに、日々消費している食品類をアレコレ載せています。
購入は、特に記載のない限りオーケーストアで、価格は通常価格(非会員価格)を記載しています。

フリーエリア

アクセスカウンターのタグ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR