サッポロ 北海道

ビール主原料の大麦。麦を調べたら、大麦の大は大小の意味ではなく、本物や品質の良いものを意味するようです。ちなみに、小麦の小は代用品や品質の劣るものの意味だとか。

小麦はパンや麺類など、世界的に重要穀物の一つなので、ちょっと意外です。

日本では稲作が主流で、製粉せずにそのまま食べられるため、製粉技術が未発達でした。
まあ必要なかったので、発達するはずもありません。

そのまま食べられる米に似た大麦と、硬くて食べにくい小麦。当時の社会の中で、当然のランク付けだったのでしょう。
大小と言われるほどの違いもなく、疑問に思っていましたが納得しました。ただし、あくまでも当時(古の時代)の評価で、日本でも生産需要ともに逆転しています。

また、多湿な気候のため麦の栽培には不向きな日本で、比較的栽培の容易な大麦が稲作の合間に栽培されてきました。

麦飯以外にも、ビールやウイスキー、麦焼酎などの酒類や、味噌、水飴など多様に利用されています。
ただし、独特の香りの麦飯は、米と比べると評判は良くありません。健康志向で見直されてはいますが、かつて「貧乏人は麦を食え」や「臭い飯」などと言われてきました。

全国で栽培される大麦の生産上位は、佐賀県や栃木県、福岡県など。北海道が一位かと思ったら、意外でした。栃木県は、冬場の乾燥した気候のため、栽培に適しているようです。佐賀県や福岡県が多いのは、麦焼酎の生産で需要が多いからでしょうか。

北の大地、北海道で作られた「奇跡の麦 きたのほし」。
長年の研究により発見した、ビールの芳香劣化の要因となる酵素を持たない麦。これを基に作り上げた、奇跡の麦だそうです。

最近のサッポロは、完璧な生、神レモン、奇跡の麦など、行き着くところまで行っちゃった感じがします。

・サッポロ 北海道

P202006281.jpg


ビールの芳香など気にもしなかったので、奇跡の麦の有難みはよく分かりませんが、サッポロの得意とする昔ながらの濃いビールです。流行りのスッキリした軽やかな飲み口とは違い、ちょっと重たい感じがします。

小麦以上に自給率の悪い大麦。各社の主力ビールは、大量生産のため殆どを外国産に頼っています。その少ない国産麦芽(きたのほし)を使った、サッポロ自慢の生ビール。

P202006282.jpg

品名 ビール
商品名 サッポロ 北海道  奇跡の麦 きたのほし
アルコール分 5%
内容量 350ml
栄養成分(100ml) エネルギー 41kcal、たんぱく質 0.5g、脂質 0g、炭水化物 2.9g (糖質 2.8g、食物繊維 0~0.2g)、食塩相当量 0g
製造者 サッポロビール株式会社
価格(税抜き) 350ml:173円
500ml:235円
備考 限定醸造
スポンサーサイト



プレミアムヱビス 吟醸

プレミアムビールでは、サントリーのプレモルと人気を二分するヱビスビール。
各社の主力ビールより価格は若干高めですが、根強い人気です。

ブランド名のヱビスは、七福神の一柱。七福神は皆ニコニコしてますが、大黒天などは荒ぶる破壊の神シヴァの化身で、その笑顔の下を想像すると恐ろしい。大黒天と兄弟のようにいつも一緒で、姿も似てる恵比寿様。実は、唯一の日本出身。他の六柱は、インドや中国から渡来した異国の神です。

JR山手線の恵比寿駅近くに、サッポロビールの工場跡地を再開発した、恵比寿ガーデンプレイスが有ります。

この地で誕生したから、ヱビスビール? 
逆です。恵比寿駅は、元々この地で製造したヱビスビールを輸送するための、貨物駅として作られたのが始まり。駅名も地名も、ヱビスビール由来です。

では、ヱビスビールの名の由来はなに?
日本人に馴染みの七福神。中でも人気の大黒天を使おうとしたら、当時すでに「大黒ビール」があり、仕方なくヱビスにしたそうです。
えべっさん、あんた補欠だったのね。
P202005032.jpg

麦芽とホップだけを原材料に、伝統的なビールの味を守るヱビスビール。麦の旨さと苦味のあるビールです。

今回は、そのヱビスブランドの吟醸。日本酒の分類で、よく目にする言葉です。 醸造の世界では、吟味した材料で丁寧に作ると言った意味のようです。 まあ、ビールの定義ではないので、好きに使えますね。

ちなみに、ヱビスビールは恵比寿様がブランドイメージなので、サッポロの企業シンボルである★マークが見えません。無いわけではなく、前面に見えないだけで、横の方に企業ロゴと一緒に小さなマークが付いています。
P202005031(1).jpg

品名 ビール
商品名 ヱビス プレミアムヱビス 吟醸
アルコール分 5.5%
内容量 350ml
栄養成分(100ml) エネルギー 45kcal、たんぱく質 0.6g、脂質 0g、炭水化物 3.1g (糖質 3.0g、食物繊維 0~0.2g)、食塩相当量 0g
製造者 サッポロビール株式会社
価格(税抜き) 350ml:195円
500ml:258円
備考 限定販売



P202005033.jpg

サッポロ 黒ラベル エクストラブリュー

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、日本でもお馴染みの「コロナビール」の生産を、一時停止するとのニュースが流れました。生活に必要不可欠ではない活動を4月30日まで停止するよう、メキシコ政府の指示に従ったとのこと。
P202004056.jpg
たまたまウイルスと名前が同じで、アメリカでは不謹慎なジョークのネタにされたりと風評被害も有るようです。

そもそも、コロナウイルスの名前は太陽のコロナから来ているので、太陽の国メキシコのビールと由来は同じです。古代より太陽は崇拝の対象であり、その大切な太陽をウイルスの名前に使う方がおかしい。コロナが太陽そのものを表す言葉ではないにしても。

別にルナ(月)でもプルート(冥王星)良かったはずなのに、よりによってコロナ。
まあどんな名前を付けても、何らかの風評被害は有るだろうけれど。

・黒ラベル エクストラブリュー
さて、「コロナ エクストラ」からの連想ゲームではないですが、「黒ラベル エクストラブリュー」です。直訳すると特別醸造でしょうか。

P202004054(1).jpg
ヱビスブランドでプレミアムビールでは不動の人気を誇るサッポロ。
新ジャンルが美味しくなったと言っても、やはりビールは別物。泡まで美味しいのフレーズが、思い浮かびます。

サッポロ公式より
この商品は「サッポロ生ビール黒ラベル」のおいしさの決め手の一つである、当社独自開発の「旨さ長持ち麦芽」(注1)を100%使用し、生ビールの“爽快なのどごし”で“完璧な生”を目指したもう一つの黒ラベルです。
(注1)ビールの風味を劣化させる成分(LOX-1<ロックスワン>:脂質酸化酵素)を持たない大麦から生まれた麦芽。

完璧な生、美味しいなんてレベルではないですね。

・コロナ エクストラ
品名 ビール
商品名 コロナ エクストラ
アルコール分 4.5%
内容量 355ml
輸入者 Anheuser-Busch Inbev Japan株式会社
原産国 メキシコ

・サッポロ 黒ラベル
品名 ビール
商品名 サッポロ 黒ラベル エクストラブリュー
アルコール分 5.5%
内容量 350ml
栄養成分
(100ml)
エネルギー 45kcal、たんぱく質 0.4g、脂質 0g、炭水化物 3.3g (糖質 3.2g、食物繊維 0~0.1g)、食塩相当量 0g
製造者 サッポロビール株式会社
価格(税抜き) 350ml:173円
500ml:235円
備考 限定醸造



P202004055(1).jpg

スーパードライ 春限定

全国的に気温が高く、平年より桜の開花が早いようです。しかし、感染に怯えて花見をしてもしょうがないし、自粛要請を素直に受け入れようと思います。
その雰囲気だけでもと言うことで、この季節各社から発売の桜仕様で我慢です。

アサヒからは、「スーパードライ 春限定スペシャルパッケージ」が出ています。
まさに満開の桜をイメージした、ドピンク。
桜と言うより、キャバクラのようです。さくら、きゃばくら、まあ似てないこともないですね。
そもそも、桜はこんな品のないピンクじゃないし… 
キャバクラが、品が無いと言ってるわけではアリマセン。

P202003281.jpg
さて、どんな桜の味でしょう。イヤ、中身はただのスーパードライです。
ただのスーパードライが、只者ではなかったですね。

1987年の発売以降、それまで大手ビールメーカーの中で最弱、いまにも潰れそうだったアサヒビールを甦らせました。あっという間に売り上げを伸ばし、生ビール売り上げ№1になり、更にアサヒビールもビール売上シュア一位にまで昇り詰めました。

この辺の経緯は、様々なメディアで語られ、書籍も沢山出ています。
日経ビジネス文庫から出版されている、永井隆氏の「ビール15年戦争」、またその後をまとめた「ビール最終戦争」。
スーパードライ発売以降のビール業界の話や、大手ビール会社のここ30年の歴史が良く分かります。
お前は、日経の回し者かぁ。
P202003282.jpg
品名 ビール
商品名 アサヒ スーパードライ
アルコール分 5%
内容量 350ml
栄養成分(100ml) エネルギー 42kcal、たんぱく質 0.2~0.4g、脂質 0g、炭水化物 3.0g (糖質 3.0g、食物繊維 0~0.2g)、食塩相当量 0~0.02g
製造者 アサヒビール株式会社
価格(税抜き) 173円
備考 春限定スペシャルパッケージ

キリン一番搾り

今日のニュースで、東京・靖国神社にある桜が統計開始以来最も早く開花したそうです。
コロナ禍の中にあって、一見明るいニュースにも感じますが、喜んでもいられない温暖化の影響ですね。

さて、今の時期、桜をデザインした春限定の商品が店頭を華やかにします。
花見に欠かせない缶ビールにも、各社が競うように発売していて、キリンビールからは、主力の「一番搾り」が桜をまとっています。
綺麗なデザインで、コレクターでなくても手に取ってしまいます。飲み終わったら潰される運命ですが。
P202003141(1).jpg
一番搾りとは、糖化した麦芽(もろみ)を絞るときに、最初の自然に流れ出る麦汁を指します。
その一番搾り麦汁のみを使った雑味の少ない「キリン一番搾り」。
プレミアムビールのように麦芽とホップだけを使い、麦の旨味たっぷりのビールを作り上げています。

新ジャンルが美味しくなったとはいえ、やはり別物。久しぶりのビールなので、すごく美味しく感じます。

品名 ビール
商品名 キリン一番搾り
アルコール分 5%
内容量 350ml
栄養成分(100ml) エネルギー 40kcal、たんぱく質 0.4g、脂質 0g、炭水化物 2.7g (糖質 2.6g、食物繊維 0~0.2g)、食塩相当量 0g
製造者 麒麟麦酒 株式会社
価格(税抜き) 350ml:173円
500ml:235円
備考 限定 春デザイン

P202003142(1).jpg

プロフィール

amityz

Author:amityz
コンビニの商品開発力は素晴らしいが、一人勝ちは将来的に不安でもある。
と言うことで、食品スーパーを応援しています。特に「オーケー/OKストア」のファンです。

注目度の増す中食と家飲みをメインに、日々消費している食品類をアレコレ載せています。
購入は、特に記載のない限りオーケーストアで、価格は通常価格(非会員価格)を記載しています。

フリーエリア

アクセスカウンターのタグ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR