OK ちくわ磯辺天ぷら

魚の身をすり潰し加工した、カマボコ製品。

蒲鉾の由来は、すり身を棒に塗り付けた形が、蒲の穂や鉾に似ているから。当初は、現在のような白身の海水魚ではなく、比較的簡単に獲れる淡水の魚を利用したようです。この小骨の多い淡水魚を、食べやすく加工したのが始まりかも知れません。

平安時代には既に存在していて、後に蒲鉾から棒を抜き取った形の竹輪、板に塗り付けた板蒲鉾、油で揚げた揚げ蒲鉾(薩摩揚げや天ぷら)等に進化していきました。

食材として人気の竹輪。鍋物以外にも、天ぷらや炒め物、サラダなど便利に利用できます。弁当のオカズとしても定番です。

その人気の食材を使った、ちくわ磯辺揚げ。のり弁、シャケ弁でよく見かける具材で、のり弁にいたっては、ちくわ磯辺揚げの無いものを探す方が難しいくらいです。

P202007022(1).jpg

4本入りというか、1本の竹輪を4分割して揚げたもの。青のりを使って、もう少し磯の香りが欲しいところ。

商品名 OK ちくわ磯辺天ぷら
内容量 4本
栄養成分(100g) 熱量 273kcal、蛋白質 7.7g、脂質 14.2g、炭水化物 28.6g、食塩相当量 1.6g
製造者 オーケー株式会社 サガン店
価格(税抜き) 100円

・星のコロッケ

P202007021(1).jpg

オーケーのコロッケ8点目は、星のコロッケ。

たなばた向けの星形のコロッケで、たぶん今週だけの期間限定品。 中身は、オーソドックスなジャガイモと合挽肉。

商品名 OK 星のコロッケ
内容量 4個
栄養成分(1個) 熱量 166kcal、蛋白質 2.3g、脂質 11.1g、炭水化物 14.2g、食塩相当量 0.2g
製造者 オーケー株式会社 サガン店
価格(税抜き) 188円
備考 たなばた



P202007023(1).jpg
スポンサーサイト



OK タルタルソースがけ若鶏竜田揚弁当

今日7/1より、プラスチック製レジ袋が原則有料化されました。
海洋汚染の元凶マイクロプラスチックや、海を漂うレジ袋を、クラゲと誤認し飲みこむ海洋生物の被害なども良く聞く話です。

まあ有料化したからと言って、何かが変わるとも思えません。
ゴミをポイ捨てするアホや不法投棄する犯罪者を根絶しない限り、何一つ変わらない気もしますが、まあ何にしても第一歩。

コンビニ等はずっと無料だったので、暫くはレジ周りで混乱するかも知れませんが、大手スーパーは既に有料になっていたので影響はなさそうです。
オーケーストアでは、20年以上ずっと有料(今は6円)で、レジ袋のリサイクルや空の段ボールなどを勧めています。
レジ袋有料化のモデルケースとして、よく話題になっていました。

また、テイクアウトに影響しそうな外食産業では、吉野家、松屋、すき家などは、バイオマスプラスチック配合に変更して無料化を継続するようです。

*バイオマスプラスチック配合:さとうきび、とうもろこ等の植物資源を原料に作られる、バイオマスプラスチックを25%以上配合した製品は、有料化の対象外。

・タルタルソースがけ若鶏竜田揚弁当

P202007011(1).jpg

今まで弁当の裏に貼られていた原材料や栄養表示も、上面に見えるようになりました。
と言うか、裏に見えないように貼ってた意味が分かりません。

色々べたべた貼って、中身が見えないのを避けたかったんでしょうけど、やれば出来るじゃないか、エライぞオーケー。
あじ? え~と、まあそこそこ。久しぶりに食べた煮豆が美味しかった。

商品名 OK タルタルソースがけ若鶏竜田揚弁当
栄養成分(1パック) 熱量 934kcal、蛋白質 20.4g、脂質 43.9g、炭水化物 111.0g、食塩相当量 3.2g
製造者 オーケー株式会社 サガン店
価格(税抜き) 299円
備考 白飯、若鶏竜田揚げ(タルタルソース)、和え物、煮豆、スパゲッティ



P202007012(1).jpg

栗山米菓 ばかうけ スパイシーカレー味

カレーの季節と聞いて、どの季節を思い浮かべるだろう。

カレー発祥のインドや、スパイスをふんだんに使う東南アジアなどからイメージするのは熱帯。
また、食欲が低下する暑い時期に、スパイスの効果で消化を促すなどの理由で、夏と考える人が多そうです。

逆に、シチューと同じように冷えた体を温めでくれる冬の料理、と考える人も居るかも知れません。唐辛子には発汗作用もあるので効果的です。

一年中食べているので、季節など関係ないという人も多いでしょうか。

日本の記念日としての「カレーの日」は1月22日。「全日本カレー工業協同組合」により制定された記念日です。
「1982年のこの日に、全国の学校給食の統一メニューとしてカレーを提供したことにちなみ」と言う理由から。
別に季節は関係ありませんでした。

他にも、「○○カレーの日」の類は沢山あります。 ex)「ボンカレーの日」 2月12日
*日本記念日協会より

・ばかうけ スパイシーカレー味

P202006301.jpg
栗山米菓のサイトより
「夏」を感じる味わいをばかうけで再現、スパイシーカレー味。 ピリリと感じる刺激がおいしい、濃厚でインパクトのある味わいの揚げせんべい。

スパイシーカレーは、この季節の期間限定品。ごま揚と並び好きな味です。

栗山米菓では、夏をイメージしているようです。パッケージデザインも、青を基調にヤシの木まで描かれ、まさに夏です。

P202006302.jpg

夏だけと言わず、出来れば通年で販売して欲しい製品。箱買いしたい衝動を抑えるのが大変です。

品名 米菓
商品名 栗山米菓 ばかうけ スパイシーカレー味
内容量 1枚*14袋入
栄養成分(100g) エネルギー 523kcal、たんぱく質 5.2g、脂質 28.6g、炭水化物 61.3g、食塩相当量 2.49g
製造者 株式会社栗山米菓
価格(税抜き) 129円
備考 期間限定

銀のさら デリバリー

「銀のさら」は、「株式会社ライドオンエクスプレス」が運営する宅配寿司のチェーン店です。
他には宅配釜飯の「釜寅」を運営していて、郵便受けによくセットでチラシが入っています。

随分古くから有るように思っていましたが、宅配の開始は1998年と、比較的新しいサービスでした。とは言え、既に350店を超える店舗数で、宅配寿司では首位だそうです。

今のコロナ禍で厳しい外食産業にあって、宅配事業は好調のようです。

チラシの、季節限定サーモンを見ていたら、食べたくてウズウズ。我慢できずに、注文していました。
今は、ネットで簡単に注文できるので、便利です。怖いくらいに。

P202006291.jpg

・鮭づくし
P202006292.jpg

刺身や寿司ネタとして人気のサーモン。
青森県の深浦町や今別町で養殖された、国内生産のサーモンです。

商品名 銀のさら 鮭づくし
内容量 8貫
栄養成分(1人前) カロリー 594kcal
価格(税抜き) 1480円
備考 トロサーモン・炙りトロサーモン・サーモン・イクラ 各2貫

・特選ランチ握り
P202006293.jpg

平日の11:00~14:00限定のランチメニューから、「特選ランチ握り」。
お得なセットです。

商品名 銀のさら 特選ランチ握り
内容量 8貫
栄養成分(1人前) カロリー 481kcal
価格(税抜き) 880円
備考 マグロ・イカ・サーモン・ハマチ・ツブ貝・生エビ・トロしめさば・イクラ

・炙りトロシメサバ
お好み握りから、炙りトロシメサバを2貫。

商品名 銀のさら 炙りトロシメサバ
内容量 2貫
栄養成分(1貫) カロリー 79kcal
価格(税抜き) 320円 単価:160円/1貫

・銀のさら 寿司醤油
超特選醤油に、かつおと焼きあごの濃厚な旨味だしを加えた「銀のさら」こだわりの醤油。

品名 しょうゆ加工品
商品名 銀のさら 寿司醤油 小袋
内容量 7.5g
販売者 株式会社ライドオンエクスプレス
製造所 東洋スープ株式会社 土浦工場

サッポロ 北海道

ビール主原料の大麦。麦を調べたら、大麦の大は大小の意味ではなく、本物や品質の良いものを意味するようです。ちなみに、小麦の小は代用品や品質の劣るものの意味だとか。

小麦はパンや麺類など、世界的に重要穀物の一つなので、ちょっと意外です。

日本では稲作が主流で、製粉せずにそのまま食べられるため、製粉技術が未発達でした。
まあ必要なかったので、発達するはずもありません。

そのまま食べられる米に似た大麦と、硬くて食べにくい小麦。当時の社会の中で、当然のランク付けだったのでしょう。
大小と言われるほどの違いもなく、疑問に思っていましたが納得しました。ただし、あくまでも当時(古の時代)の評価で、日本でも生産需要ともに逆転しています。

また、多湿な気候のため麦の栽培には不向きな日本で、比較的栽培の容易な大麦が稲作の合間に栽培されてきました。

麦飯以外にも、ビールやウイスキー、麦焼酎などの酒類や、味噌、水飴など多様に利用されています。
ただし、独特の香りの麦飯は、米と比べると評判は良くありません。健康志向で見直されてはいますが、かつて「貧乏人は麦を食え」や「臭い飯」などと言われてきました。

全国で栽培される大麦の生産上位は、佐賀県や栃木県、福岡県など。北海道が一位かと思ったら、意外でした。栃木県は、冬場の乾燥した気候のため、栽培に適しているようです。佐賀県や福岡県が多いのは、麦焼酎の生産で需要が多いからでしょうか。

北の大地、北海道で作られた「奇跡の麦 きたのほし」。
長年の研究により発見した、ビールの芳香劣化の要因となる酵素を持たない麦。これを基に作り上げた、奇跡の麦だそうです。

最近のサッポロは、完璧な生、神レモン、奇跡の麦など、行き着くところまで行っちゃった感じがします。

・サッポロ 北海道

P202006281.jpg


ビールの芳香など気にもしなかったので、奇跡の麦の有難みはよく分かりませんが、サッポロの得意とする昔ながらの濃いビールです。流行りのスッキリした軽やかな飲み口とは違い、ちょっと重たい感じがします。

小麦以上に自給率の悪い大麦。各社の主力ビールは、大量生産のため殆どを外国産に頼っています。その少ない国産麦芽(きたのほし)を使った、サッポロ自慢の生ビール。

P202006282.jpg

品名 ビール
商品名 サッポロ 北海道  奇跡の麦 きたのほし
アルコール分 5%
内容量 350ml
栄養成分(100ml) エネルギー 41kcal、たんぱく質 0.5g、脂質 0g、炭水化物 2.9g (糖質 2.8g、食物繊維 0~0.2g)、食塩相当量 0g
製造者 サッポロビール株式会社
価格(税抜き) 350ml:173円
500ml:235円
備考 限定醸造

プロフィール

amityz

Author:amityz
コンビニの商品開発力は素晴らしいが、一人勝ちは将来的に不安でもある。
と言うことで、食品スーパーを応援しています。特に「オーケー/OKストア」のファンです。

注目度の増す中食と家飲みをメインに、日々消費している食品類をアレコレ載せています。
購入は、特に記載のない限りオーケーストアで、価格は通常価格(非会員価格)を記載しています。

フリーエリア

アクセスカウンターのタグ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR